2017年2月23日 (木)

上城井小学校みそ作り見学

上城井ふれあい協議会では

毎年1月~2月は毎日みそ作りが行われています。

今日は上城井小学校の3~6年生17名が見学に来ました。

Dsc_0043

Dsc_0064

Dsc_0050

大豆は地元本庄産

Dsc_0052

道具も手も雑菌が入らないように消毒

Dsc_0069

まんべんなく混ざったら機会でミンチにします。

樽に入れて上からぎゅっぎゅと空気を抜いて寝かせます。

盆過ぎには食べられるそうです。

Dsc_0059

来年は子供たちもマイ味噌を作れたら良いですね。

中国メディア関係代表団御一行様

「中国メディア関係代表団御一行様」が地方の取組を知るため

豊築地区に約30名がやって来ました。

豊前市岩谷活性化センターでお迎えし、岩谷地区などの地域の現状と取組を紹介。

伝統芸能の神楽鑑賞(子供神楽)

Img_1173

地元食材を使った料理でおもてなし。

Img_1171

Img_1163

Img_1167

Img_1209

そして農家民宿。

築上町では「つづり山の郷」に8名宿泊。

年齢は20代後半から30代前半くらい。

各々お土産を持ってきてくださって、びっくりしました。

Img_1181

カンパーイ!

Img_1203

夜中までスマートフォンの翻訳を使ってわいわいおしゃべり。

「私たちは国は違っても同じ星の下にいるよね」など友好を深めました。

Img_1213

Dsc_0036

夜泊まって、朝出発と言うわずかな時間でしたが、

お互い心温まる時間を過ごせたと思います。

謝謝

2016年7月31日 (日)

上城井小学校キャンプ

7月30日は上城井小学校の日帰りキャンプ。

昼の12時に集合。

Img_5915

先ずはカシビン作りから。カシビンとは魚を捕るビンのこと。

昔は本当にビンでしたが、今はセルビンと言ってプラスチックのものがあります。

このカシビンはペットボトルで作れます。

Img_5914

上城井で育ってカシビンを知らんかったら恥ずかしい!?と言うことでカシビンをペットボトルで作って魚とりをしました。

牧の原キャンプ場に行って川遊びの間に仕掛けておきます。

Img_5919

高学年はドッボーンと飛び込んだり、低学年は浮輪でぱちゃぱちゃとみんな大はしゃぎ!

ひとしきり遊んだらスイカ割り!

Img_5923

みんなで右!左!と声をかけると結構みんな当たります。

だけどぐちゃぐちゃにならないようにプラスチックのバットを使用。

美味しく食べたいもんね。

Img_5926

ところで、カシビンはどうなったかな???

Img_5929

おおー!大漁!

こんなに取れるとは思っていませんでした!

ニジマスも結構いましたよ。

Img_5930

この3倍くらい取れて塩コショウして天ぷらにするとみんなよく食べて完食です!

そうめん流しに

Img_5940

飯盒炊飯に

Img_5943

バーベキュー

Img_5945

キャンプファイヤー

Img_5951

Img_5952

花火大会

Img_5960

きもだめし bearingsweat02

夜の9時30分まで、たっぷり遊んでたくさん食べて

夏休みの思い出の1ページが3ページくらい盛りだくさんでした。

夏休みはあと1か月。

いろんな経験をしてたくましく育ってくださいね。

2016年6月20日 (月)

春そば収穫!

4月に蒔いたそばの種、梅雨の晴れ間をぬって、

そば打ち教室の後刈入れをしました。

Img_5681

昨年の秋は収穫が思うようにならず、春は厚めに蒔いたのですが、

これまた良くないようで、密集して茎が太らず種も太らずのようでした。

蕎麦は肥料がいらない、痩せた土地でもOKと聞いていたけど、

次回はちゃんと肥料をやって筋蒔きにしようかと思っています。

Img_5680


それにしても、暑い中の作業、有難うございました。

7月に新そばが食べれるように頑張ります!!

2016年6月 8日 (水)

梅ちぎり2016

綱敷天満宮の梅ちぎりの時期がやってまいりました。

今年は6月5日の1日だけ。

しかも天候不順で午後からの作業となりました。

今年の梅は生りが少ないうえ、夕方までに目標の345キロを収穫せねばなりません!

申年は梅は不作になりやすいと言われているそうです。本当かも!?

Img_5637

木を揺する度、梅の葉についた雨露が降ってくる。

梅も降ってきて直撃すると痛い。

Img_5640

あっちにあるよー!こっちこっち!

ビニールシートを抱え右往左往

上ばかり向いていたので、明日首が痛くなりそう!!

Img_5636

ひとまず休憩。

この後、なんとか取り終える事ができました。

C7dfa4cebcc2

申年の梅は縁起がいいと言われます。

「病気が去る」「悪いものが去る」など神様の力が宿っているとか。

綱敷天満宮の梅なら間違いなく神様の力が宿っていますよね。

今年もありがたく頂戴いたします。

 

 

2016年6月 2日 (木)

茶摘み

かなり遅れましたが寒田で茶摘みをしました。

Img_5589

10分くらい蒸す。

Img_5588

揉む!モミモミモミモミ・・・

Img_5587

入れる

Img_5590

深い良い色が出て、美味しくできました!

2016年4月25日 (月)

そばを石臼で引いてみた

調理室にある石臼でそばを引いてみた。

Img_5347

そばの種を入れていないと石臼はものすごく重くてクルクル回せない。

Img_5343

予め種を挟んで石臼を置くとするする動かすことができる。

回してみると全然粉が落ちてこないと思ったら・・・なんと逆回し!

1回引いてもあまり粉はとれなくて、3回引いてみた。

Img_5345

大変なのは殻を取る作業。どうやったらうまく殻がとれるのかな?

なんとか試行錯誤で粉にしてそばを打ってみた。

Img_5349

Img_5350

Img_5351

おー!透明感のあるもちもちしたそばになったよ!

粗挽きのそば粉も試してみよう。

Img_5352

うわー!透明感があって粒粒があっていい感じ!こだわりの蕎麦屋みたい。

それにしても大変な作業のわりに採れる粉が少ない。

美味しかったからこれで良いのだろうけど、もう少し研究の余地がありそうだ。

2016年1月18日 (月)

毎月そば打ち体験教室やっています

上城井ふれあい協議会では毎月そば打ち体験教室を開催しています。

Img_4769

何回も通われている方は道具も購入され、自宅で手打ちそばを楽しまれているようです。

優しく丁寧に指導してくださいます。

Img_4738

先生のお手本をよーく頭に入れて…

いえいえ、体で覚えましょう。リズミカルにnote

Img_5004

ざるそば好きだけど、

寒いので温かいそばにしました。

Img_4771

年越しは自分で打ったそばで年を越そう!と

12月30日、31日にフリーでみんなで打ちました。

みんなパパッと打てるように上達してます!!

2015年6月7日(日)城井神社供養祭

大分県中津市にある城井神社

この日供養祭が行われた。

Dsc_0159

400年前うちの殿様、宇都宮鎮房が黒田長政に中津城の酒宴に呼び出され

謀殺されました。

長政は深く感ずる処があったので、城井神社を建て鎮房を祀りました。

Dsc_0171

左から鎮房役の村田雄浩さん、築上町町長、宇都宮家菩提寺「天徳寺」住職

Dsc_0135

ふれあいメンバーも参列

みそ部会長も!

Dsc_0158

村田さんご挨拶

Dsc_0191

前回、病室にお見舞いに来てくださった村田さんに

みそ部会長の元気な姿を見せられて本当に良かった。

Dsc_0218

うちの殿様も喜んでくれたでしょうか?

良い供養祭でした。

2015年6月14日 (日)

綱敷天満宮の梅ちぎり

6月13、14日と綱敷天満宮の梅ちぎりを行いました。

綱敷天満宮には約1000本の梅の木があり、

その有りがたい梅の実を「上城井ふれあい協議会」がちぎります。

13日の模様から・・・

落ちた実はキズが入ったり地面に敷いている砂利が入ったりするので

みんなでブルーシートを広げて実を落とします。

Dscn0101

大事な梅の木ですので、枝を折らないように慎重に揺すります。

すると、バラバラと実が落ちてくるのですが、

ブルーシートを構えるポジションによって固い梅の実が頭にボトボト降ってくるので

あちこちで「あいたたた(>_<;)」の悲鳴が聞こえます。bearing

ヘルメットが必要かも!?

Dscn0106

1時間もすると「休憩しようや!」の声が。

まだ1時間ですが、脱水症状にならないように水分補給。

Dscn0107

この日はカンカン照りではなかったのですが、

海の近くなのに風がなく、ちょっと動いただけで汗だくに。sweat01

約1000本の木があるので、

この時点で気が遠くなりそうでしたが、さて作業開始!

Dscn0110

採って集めた実は1つ1つ仕分けを行います。

↓ 梅の山の頂上にいるようです!fuji

Dscn0112

これまた時間のかかる地道な作業でありますsweat01

Dscn0113

落ちた梅や葉などもきれいに掃除もしました。

私たちが梅の収穫をすることで

天満宮の掃除担当の方が「これで少し楽になる」と言われ

確かに、この作業の間にも自然落下する梅が多々あり、

景観もそうですが、放置すると腐って虫がブーンとやってきますよね。

参拝客が気持ちよくお参りできるよう、

日頃のメンテナンスありがとうございます。confident

Dscn0116

こうしてたった1日ですが、

明日もこの作業がまっていると思うと正直しんどい。sad

だけど、頑張る上城井人でした。happy01